介護トイレ堂、介護トイレの選び方2


介護トイレと言っても、色んな種類があります。
介護される方の状態で、使用するトイレも変わってきます。

ベッドから起き上がれはするが、トイレまで行くのは難しい。だけど、座って排泄が出来る人には、

「ポータブルトイレ」

が適しています。

「ポータブルトイレ」と言っても、

「@樹脂製タイプ、A家具調タイプ」

の2種類があります。

【@樹脂製タイプ】
介助トイレを、「快適に清潔なものを」と考えて生まれた商品です。
特徴は、「水で洗えてお手入れが簡単」なところです。
タイプとしては、脱臭・ソフト便座・暖房便座・シャワー付など色々な機能が付いたものがたくさんあります。


【A家具調タイプ】
介護トイレだと、一目でわからない位、使いやすく見た目にも美しい家具調ポータブルトイレです。
タイプとしては、脱臭・ソフト便座・暖房便座・シャワー付などいろいろな機能が付いたものがたくさんあります。
家具調ポータブルトイレを使ったら、お互いに笑顔が増えそうです。


自分に合ったトイレだと、知らず知らずのうちに笑顔が出るんでしょうね。
これこそ、辛くない介護ですね。

品揃え最大級! 介護トイレ堂の公式サイトはこちら
posted by 介護トイレ at 00:00 | 介護トイレの選び方

介護トイレ堂、介護トイレの選び方3






介護トイレと言っても、色んな種類があります。
介護される方の状態で、使用するトイレも変わってきます。

自力でベッドから起き上がれない人には、

「尿器」

が適しています。

「尿器」と言っても、

「@手持ちタイプ、A自動吸引式タイプ」

と、種類も豊富です。

【@手持ちタイプ】
手持ち尿器は、最近では使いやすさを、かなり追及したものがでています。
「受け口がソフトタイプでやわらかいもの」や「尿のこぼれを抑えるもの」、「臭いを防ぐフタがあるもの」などです。


【A自動吸引式タイプ】
一人でトイレに行くのが難しい方をお手伝いするのが、自動吸引タイプです。
尿が排出されると「センサーが探知」し、「自動で吸引」して止まります。
お手入れも尿タンクを取り外して洗うだけものが多く、大変便利です。


合うトイレが見つかると、お互いの心に余裕で出てきそうですね。


品揃え最大級! 介護トイレ堂の公式サイトはこちら
posted by 介護トイレ at 10:00 | 介護トイレの選び方

介護トイレ堂、介護トイレの選び方4


介護トイレと言っても、色んな種類があります。
介護される方の状態で、使用するトイレも変わってきます。

ベッドから起き上がれず、座位での大便が困難な方には、

「差し込み便座」

が適しています。

「差し込み便座」には、

「小型差し込み型タイプ」

と言う種類しかありません。


【@小型差し込み型タイプ】
「トイレまで行けない寝たきりの方」には差込み便器がおすすめです。
お尻の下に差し込みやすく、安定した姿勢で使用できます。
お尻に差し込んだ時に、冷やっとしない「カバー付のもの」などがおすすめです。


自分でトイレを出来ると言う事は、とても幸せな事なんですね。
少しでも楽にトイレが出来るように、適したトイレを見つけたいですね。

品揃え最大級! 介護トイレ堂の公式サイトはこちら

posted by 介護トイレ at 09:59 | 介護トイレの選び方